四日市市の西に隣接する菰野町で開業しました。あなたの町の歯医者さん 歯科麻酔科医による歯科治療(痛くない麻酔、痛くない治療):たつみの歯科クリニックです!

四日市市の歯医者ホームへ|たつみの歯科クリニック
四日市市に隣接する菰野町の歯医者|たつみの歯科クリニック求人募集案内


新着情報

最近のブログのご案内

最近のブログでは、口臭・歯垢・歯石についてアップしています。

歯科麻酔科医による歯科治療

痛くない麻酔・痛くない治療

 

「無痛治療」の言葉をよく耳にします。歯医者に行きたくない一番の理由は、治療に対する「痛みの恐怖心」です。 歯医者での治療において麻酔は必須です。只、最近(歯科医院)では痛みを感じない麻酔が一般的になっています。 電動麻酔器で出来るだけ細い針を使用するなど、痛みを和らげる為の治療に心がけています。

丁寧でわかりやすい説明

インフォームドコンセントを重要視しています

 

患者様の主訴(しゅそ:訴え)をよく伺い、患者様と対話・相談した治療を優先します。
治療の方法を決める時は、自分の家族ならどの様な治療を行うかを考えて、患者様にご案内しております。

 

こんな歯医者を目指しています ⇒

位相差顕微鏡

イポナコロジー 位相差顕微鏡による歯周病治療

歯周病を治しましょう

 

歯周病治療の治療は歯磨き指導と歯石を除去する歯のまわりのお掃除が基本的な治療です。
しかし、この基本的治療や一生懸命歯磨きしても、なかなか歯周病が改善されす歯を失う方もおられます。

 

歯周病治療はこちらへ ⇒

最新の歯周病治療として、原因である菌を特定し、薬でその菌を撲滅する事が解明されました。
この治療法は21世紀に入ってから行なわれている治療方法で顕微鏡を使って行います。

 

一般の明視野顕微鏡では、アメーバや白血球、ワムシ、細菌、ツリガネムシ等、体の透き通った生物を観察するときに、光が通り抜けてぼやけてしまい、輪郭がはっきりしません。 しかし、位相差顕微鏡を使うとクッキリ、ハッキリ見えるのです。そのわけは、明視野照明法の欠点である、絞ると回析光でよく見えなくなる問題を除去して、生体をクッキリ見させる方法です。
現在の位相差顕微鏡の普及率(歯科医院での)が約10%程度、今後の予防歯科や歯周治療などで有効なツールとして活用できます。

最新むし歯治療:「ドックズベストセメント療法」はこちらへ ⇒

たつみの歯科クリニック

TEL:059-393-1888
Top of the Page